ずんだもちの足るを知る日々

シンプルな生活を目指して一次産業に転職するアラフォーの日記

映画「1917 命をかけた伝令」

パッケージが印象てきなのと、レビューの評価が高かったので観てみました。

第一次大戦中、撤退するドイツ軍の罠を知らずに追撃作戦を計画するイギリス軍の中隊に作戦中止命令を伝えるために、命がけで走り続ける話。

これは映画館で観ないとダメなやつでした。

主人公の目線で戦場を駆ける没入感が本作の魅力なんだと思うけど、いかんせん小さいテレビで観てしまうとそれも半減。昔映画館で観たブラックホークダウンと比べてしまう。

期待はしてるけどダンケルクもきっとそんな感じなんだろな。観れる時は劇場で観なきゃダメだなやっぱり。