ずんだもちの足るを知る日々

シンプルな生活を目指して一次産業に転職するアラフォーの日記

母に転職を告げる。そして欲望爆発。

本日の支出:約14,000円

内訳:免許証更新6,000円、昼飯おにぎり等620円、晩飯食材と今週の弁当材料とバレンタイン3,500円、林業入門と絵でわかる樹木の知識4,000円

 

部屋を借りるための緊急連絡先に母親の誕生日を聞き出した際にとうとう転職について告げることに。わかってはもらえたものの、どこか元気なさそうな声に感じたのは、やはり今後長男が家を買い、自分の面倒を見る気はないと思われたのか、いずれにしても経済的にあてにはできなくなったこと思っているのか。申し訳ない気持ちでいっぱいになる。が、40歳になろうという男がなんの仕事をしようかを誰に遠慮するものか。母は母、である。

しかし、人間である以上はそう割り切れず、また部屋の契約、三連休なのに無給出勤しかもゴールが不明瞭。ストレスがスゴい。欲望に抗えない。コンビニでの買い物もハードルが下がりっぱなしである。さらに昨日に引き続き本屋で林業関係の本を勢い2冊購入。これは必要経費であると言い聞かせて。実際そうだし。母に宣言した以上は早く一人前の林業家にならねばならぬ。勉強、勉強である。

 

とはいえ、3月までは今の仕事なら全集中。

気持ちを整えるために、久しぶりに瞑想を再開しよう。

ではでは、おやすみなさい。

また明日。